資格を取って憧れの介護師に就こう|日本を担う人材に

看護師

毎年3月に公表される

毎年3月の看護師試験合格発表と同時に、厚生労働省は看護師国家試験合格率を公表しています。それによると、新卒者のほうが既卒者よりも合格率が高いことがわかります。また、各学校の調査によると、3年課程の学校を卒業した生徒のほうが2年課程の学校の卒業した人よりも、若干合格率が高くなっています。

需要が多い

介護

社会貢献ができる

医療関係の資格の中でも、今とても需要があるのは介護の資格です。要介護者となる人が増えてきていることもあり、介護士の資格を持つ人の手が足りていないからです。資格を持っていても身内に要介護者が居て働きに出られなかったり、育児中で働きに出られなかったりということもあります。今後さらに要介護者は増えていくことが予測されているので、資格を取得しておいて損はありません。また、社会人になってからでも、介護士の資格は取得できます。その方法はいろいろあるので、負担がかからないような方法を選択しましょう。できれば専門学校に通った方が効率的ですが、働きながらだと難しいものがあります。通信制を利用することも可能です。それに、働きながらの場合、急いで取得しなくてもいいので、自分のペースで無理なく学習ができます。資格を取得すると、様々な介護ケア施設で働けます。募集はたくさんあるので、通勤の利便性などを踏まえた上で選択しましょう。シフト制勤務のところも多いため、場合によっては育児中でも働ける場所はあります。また、介護の資格といっても段階を踏んでいくことがあります。段階によってできる業務内容も違ってくるので、できればどんどん上を目指した方がやりがいも感じられるはずです。少しずつ勉強していきましょう。将来的には身内の介護にも携わりやすくなります。もちろん、社会貢献にもなるので、需要があるからこそ資格を取得しておくと重宝されること間違いありません。

マッサージ

こりや痛みを取り除く

辛い肩こりや腰痛・頭痛などを、あんまやマッサージ・指圧で取り除くのが国家資格でもある「あん摩マッサージ指圧師」です。 資格取得後は、治療院や病院、スポーツの現場など様々な分野で活躍する事が出来ます。ストレス社会の現代、これからどんどんニーズは増えていく事でしょう。

女性

専門的な技術が必要

義肢装具士とは手足の欠損等の障害を持った人に対して、人工の手足等を作る専門家の事を言います。この仕事に就くためには専門的な技術や知識が必要となるため、専門的な大学等に通って学ぶのが基本となります。現在の日本にはこうした大学等が複数存在しているため、授業内容等を確認して学校を選ぶ事が大切です。