資格を取って憧れの介護師に就こう|日本を担う人材に

こりや痛みを取り除く

マッサージ

様々な分野で活躍出来る

「マッサージ師」という職業について皆さんは良く知っていますか。ストレス社会の現代、街中にもたくさんの「ほぐしどころ」がありますが、実は「ほぐす」仕事にもいつくか種類があるのです。 体を整える仕事には整体師や柔道整復師、マッサージ師などがあります。柔道整復師とマッサージ師は国家資格ですが、整体師は民間資格となり施術も保険適用外となります。一方国家資格の柔道整復師とマッサージ師は医師と連携をとって治療を行う事も出来るので保険適用となるのです。 マッサージ師の正確な資格名称は「あん摩マッサージ指圧師」です。あん摩マッサージ指圧師になる為には、基礎医学や臨床医学、臨床実習など3年以上の勉強を専門学校や大学、盲学校などで行い国家試験を受ける必要があります。かつてあん摩マッサージ指圧師は「視覚障害者の働く場」としてイメージが強くありましたが、近年資格を取得する人は健常者が多くなっています。 資格取得後はどんな職場で活躍する事が出来るのでしょう。一番多いのが治療院、その他にも技術を生かして介護施設や病院、エステなどの美容関係でも働く人が増えています。また最近ではスポーツの現場でもスポーツトレーナーとして活躍しているあん摩マッサージ指圧師も増えてきています。 あん摩マッサージ指圧師の資格を持っていれば、勿論独立開業も目指せます。治療院を開く事も出来ますし、患者さんの自宅を訪問する出張治療を行う事も出来るのです。 肩こりや腰痛、頭痛などで苦しむ人の身体をほぐし、癒すのがあん摩マッサージ指圧師なのです。